木材に関する疑問にお答えします

質問 最近シックハウス症候群についての報道を見聞きしますが、その発生原因と対策を教えてください。
答え  住宅に発生原因をもつ諸症状の病気を通称「シックハウス症候群」と言います。具体的には、住宅に使用されている部材から発生するVOC(揮発性有機化合物)を原因として発症するアレルギ−症状、化学物質過敏症などをさします。木質系の住宅部材を発生源にするVOCとしては、代表的なものとしてホルムアルデヒド、トルエン、キシレンがあります。ホルムアルデヒドは合板などの接着剤から、トルエン、キシレンは塗料の残留溶剤から発生します。これらは、ある一定量の濃度以上になると発症し、濃度が増大するにつれて症状は重くなります。近年の住宅は高気密構造になっているために、こうした接着剤や塗料を用いると室内濃度が高くなりやすく、シックハウス症候群を発症しやすい条件がととのっていると言えます。
 対策としては、これらを含まない代替品を用いるか、あるいはVOC発生を抑制する対策を講じるということになります。低ホルムアルデヒド接着剤あるいはホルムアルデヒドを含まないノンホルムアルデヒド接着剤はすでに市販されています。価格が比較的高いということを除けば、こうした接着剤の使用は有効です。塗料に関しても、キシレンやトルエンは含まないエマルジョンタイプの水溶性塗料が市販されています。もし、ホルムアルデヒドを含む接着剤やトルエン、キシレンを含む塗料を使用した場合には、十分な換気をすることが有効です。これらのVOCの発生は初期には非常に高いのですが、換気を繰り返すことで急速に減少していきます。住宅施工直後に十分な換気をし、その後時々換気を繰り返すことで室内濃度は低濃度になります。
空気中濃度(ppm) 知覚状況
0.2 臭気を感じるがすぐに慣れて感じなくなる
0.5 明らかに臭気を感じる
1〜2 不快感(目鼻への刺激)を感じる
3 刺激による苦痛を感じる
5〜10 目・鼻・のどに強い刺激を感じる。短時間なら絶えられる程度
10〜20 涙やせきが出る。深い呼吸が困難になる
50〜100 5〜10分で深部気道障害を招く

〜北海道立林産試験場「林産試だより:木材に関する質問と回答」より〜

←戻る


質問  最近、住宅室内での空気汚染とくに揮発性有機化合物(VOC)による健康影響に関心が高まっています。なかでも各種木質建材からのホルムアルデヒドの放散が大きな問題になっていますが、材料供給サイドとしてどのように対応しているのでしょうか?
答え  最近の住宅では合板、繊維板などの利用はごく一般的ですが、これらの接着剤として、安価でしかも耐水性の高いユリア樹脂接着剤あるいはユリア・メラミン共縮合樹脂接着剤が多く使用されています。これらは、尿素やメラミンとホルムアルデヒドとの付加縮合によって生成する熱硬化性樹脂で、製品からのホルムアルデヒドの放散は基本的にさけられないものです。しかし、これらの低減が緊急の課題となり、接着剤の調整、接着の条件の改善により放散量を著しく低減した製品が製造されるようになってきています。
 現在、普通合板、構造用合板などについては日本農林規格(JAS)、パ−ティクルボ−ド、MDFについては日本工業規格(JIS)が下記のように定められています。合板についてみればF1、F2合板の認定工場がふえ、需要に応えうる体制が整ってきており、材料の選定にあたってこれらの規格製品の利用が望まれます。
ホルムアルデヒド放散量
合板 パーティクルボード・MDF
区分 平均値 最大値 区分  
FC0 0.5 0.7 E0 0.5
FC1 1.5 2.1 E1 1.5
FC2 5.0 7.0 E2 5.0
 厚生省で組織された「快適で健康的な住宅に関する検討会議 住宅関連基準策定部会 化学物質小委員会」は平成9年6月、ホルムアルデヒドについて室内濃度指針値を「30分平均値で0.1mg/m3以下」と提案しています。この濃度は室温23℃の下で、世界保健機構(WTO)提案の約0.08ppmに相当します。これは規制を定めたものではなく、住宅の設計者、施工者が居住者の健康被害を低減するために目標とすべき濃度とされています。
 上記規格の「水中濃度」と指針の「気中濃度」とは、測定法、単位が全く異なり、両者間の関連についてはまだ十分明らかにされているとはいえませんが、室内にF1合板(放散量0.4mg/l)をはった場合、温度23℃、湿度45%、換気量(m3/hr)と合板の表面積(m2)との比が1m/hrの条件で、設置4〜7日後における気中濃度が指針値にほぼ該当するという結果が報告されています。
 なお、ホルムアルデヒドの気中濃度に影響する因子とその影響度合いについて、温度が10℃高くなると気中濃度は約2倍に、湿度が1%高くなると気中濃度は1%増加するといわれており、ホルムアルデヒド臭が夏期特に問題になるのはこのためといえます。さらに、換気量が2倍になると気中濃度は約2/3に、材料表面積が2倍になると気中濃度は1.3〜1.5倍になるといわれています。
 建物の使用部位による室内の濃度への影響は内装仕上げ材、内装下地材、床下・天井・構造躯体、外装材の順に前者ほど大きい傾向にあります。また、表面を適切な塗料により塗装したり、他の材料で被覆したものについては、実際の表面からのホルムアルデヒドの放散は上記規格表示区分の数値より少ないことが確認されています。表面に化粧単板を張り、ウレタン系樹脂の塗装をした複合フロ−リングなどはこの例です。
 住宅の建設に当たって材料の選択が重要であることは言うまでもありませんが、ホルムアルデヒドの放散は時間の経過とともに低減するものであり、住宅新築時、一定期間十分換気する事が気中濃度の低減に効果的です。入居時まで2週間程度の猶予期間をおくことが望ましいともいわれています。
 参考として集成材の接着剤について補足しておきます。
 最近利用が急増している住宅の集成柱や集成梁・桁などの小・中断面構造用集成材は従来、接着剤としてレゾルシノ−ル樹脂接着剤を利用していました。これはフェノ−ル樹脂接着剤とともに極めて高い耐久性を持ちますが、ユリア・メラミン樹脂接着剤と同系のホルムアルデヒドの付加縮合によるもので、ホルムアルデヒドの放散量は格段に少ないとはいえ皆無ではありません。一方、作業性の面から使用が増加していた水性高分子 −イソシアネ−ト系接着剤はホルムアルデヒドの無い接着剤として開発されたもので、作業性の面から使用が増加していましたが、最近のホルムアルデヒド放散問題に対応して全面的に切り替えが進んでいます。従って近い将来このことは全く問題ならなくなるものと思われます。
 室内空気汚染の原因物質としてはホルムアルデヒドのほか、施工中の接着剤や塗料の溶剤などに利用されるトルエン、キシレン、さらに木材保存剤、可塑剤、防蟻剤が取り上げられており、これらによる空気汚染とその低減については下記の資料が大変参考になります。

〜日本木材総合情報センター「木材利用相談Q&A100」より〜

←戻る